2人目の妊活

1人目を出産して3年が経ちました。

幼稚園に入園する時期に2人目を授かりたいと思い、妊活を始めました。

1人目のときは特に意識せずに妊娠できたので、今回も特に意識をしませんでした。

しばらくすると、生理が遅れた月があったので早速妊娠検査薬を試しました。

しかし、残念ながら陰性でした。その後も生理がなかなか来なくて、産婦人科を受診しました。

おそらくストレスで排卵が起こっていないのだろうと言われ、排卵を起こす注射をしてもらいました。

それから3週間後に無事生理が来ました。

やはりストレスは体に良くないのだと実感したので、育児の合間にほんの少しでも休憩したり息抜きをしたりしてストレスを溜めないようにしました。

その次の月、また生理が遅れました。もしかしたらまた排卵が起こっていないのかもと心配になりましたが、念のため妊娠検査薬を試しました。

すると、予想に反して陽性でした。その後、産婦人科を受診して胎嚢も確認できました。

妊娠中もなるべくストレスを溜めないように心掛けて過ごしました。

上の子がいるので育児は休めませんが、子どもが寝たら私もすぐに寝るようにしました。

私はこれで妊娠しました。その後無事に出産し、元気な男の子を授かりました。

今回の妊活で一番実感したのは、やはりストレスはダイレクトに体に現れるのだということです。

妊娠できないことにストレスを感じると、悪循環になってしまいます。

なるべく息抜きをして、ストレスを溜めないようにすることが大切なのだと思います。

妊娠するために基本的なことから始めました

私自身は3度の妊娠、出産を経験しています。自分が妊娠するまでは、妊娠および出産はごく普通のことだと思っていました。

2、3人目を希望した時になかなか授かることができず、妊娠は簡単なことではないし当たり前のことではないと分かりました。

それまでは基礎体温を測ることもなく、ネット等による知識から「生理開始日から考えると排卵日はこのあたりだろう」と自分で予測をしていました。

まずは基本的なこととして、基礎体温計を購入して基礎体温をチェックすることから始めました。

数ヶ月間グラフにしてつけていくと、高温期と低温期がきちんとあることが分かりその波に合わせて生理周期がありました。

だいたいの周期が分かってきたところで、挑戦してみるも授かることができず、今度は排卵検査薬を購入しました。

基礎体温のグラフを見ながら、そろそろかなと思われるあたりから数日間排卵検査薬を試していくも、1周期目はすでに排卵済みだったようで失敗に終わりました。

そこで2周期目は、もう少し早めから排卵検査薬をスタートしました。すると、日に日に色が濃くなり濃さがピークに達したあとは日に日に薄くなっていくのがハッキリと分かり、排卵の確認ができました。

排卵したと思われる日は、以前、自分自身で生理開始日から予測していた排卵日とは大きなずれがあったのでこれだけすれていたら、授からなくて当たり前だったのかもしれません。

結果的には、基礎体温の計測と排卵検査薬を併用をすることで私は妊娠出産に至りました。一般的には当たり前で基本的なことかもしれませんが、この基本的なことをするかしないかで大きな差があると感じました。

2人の出産でも妊娠線なし

私は2008年と2013年に子供を出産しています。一人目の時には、働いていたために体重が約7キロ程度しか増えず、お腹もそれほど大きくなりませんでした。しかし、妊娠するとよく妊娠線に関する話は聞いていたので、私も妊娠線には注意をしようと妊娠5か月程度から妊娠線予防クリームを塗り始めました。特に腹部の上や横の方は自分でも見えるけれど、下腹部は自分の目で確認することができないので、よく鏡の前に立ち、妊娠線ができていないかを確認しながらクリームを塗っていました。

妊娠線クリームを使用した感想は、思ったよりベタベタしないし、使いやすいということです。私が使用したのは産婦人科においてあって、産婦人科医もおすすめというクリームでした。1本2000円程度でしょうか?匂いもとてもよく、手に取ると皮膚によく伸びて、こするたびに浸透していく感じがするので、使い心地もよかったです。

二人目の時は、転居しており、前の婦人科には行くことができなかったので、別の産婦人科を受診していました。そのため妊娠線クリームは依然と同じものを通販で購入し使用していました。二人目の時は、早くから体重が増加しはじめ、妊娠5か月の頃には、自分でも結構お腹が大きいなあと思うほどでした。そのため妊娠線も非常に不安でした。しかし、妊娠線クリームを早めから真面目に毎日塗っていたので、妊娠線ができることはありませんでした。

よく妊娠の最後の頃に、お腹がバンバンと急激に大きくなるといいますよね。また赤ちゃんが下がってくると、下腹部の皮もパツパツに…。そのため妊娠の最後の頃には、本当に下腹部を中心として塗っていました。クリームを塗っていなかったら、皮膚が乾燥しひび割れのようになって痒くなってしまうけど、きちんと保湿をしていたお陰で、いつもしっとりした肌で過ごすことができました。

二人出産をしましたが、クリームのお陰で妊娠線はできていません。プールとかでも肌を出すことができるので、子供とプールに行ったり楽しんでいます。

妊娠線クリームは最高でした。

なぜ妊娠線クリームを使用しようと思ったかというと、私自身が高齢出産であったからです。37歳で出産します。30代後半であるということで、最近では決して珍しくはないのかもしれませんが、かなりの高齢出産であると言えます。妊娠線ができてしまうかどうかについては、保湿力が重要になってくるということは有名な話です。そんな保湿力ですが、30代後半にもなってくるとかなり弱ってきてしまいます。そのため妊娠線クリームの助けを借りないことには、到底妊娠線ができてしまうことを防ぐことは不可能であると考えたからです。

ではどんな妊娠線クリームを使用するか選ぶ際にこだわったことについてですが、やはり成分です。当然良い成分が含まれていれば、効果も大きくなるという当然の考えがあったのです。美容にはとにかく良いとされているビタミンCの含有量などには特にこだわりました。少しでもビタミンCがたくさん含まれているものを選ぶために、色々な通販サイトやドラッグストアを調査して頑張ったことは、自分にとって今でも記憶に新しいです。

最後に実際に使ってみて良かったなあと感じた点についてですが、使い心地の良さが素晴らしかったことです。もちろん妊娠線を事前に予防することもしっかりとできました。けれどもそれよりも塗った時の気持ちよさの方が強く印象に残っているのです。そのためいつも妊娠線クリームを塗ることが楽しみで仕方ありませんでした。塗ることを楽しみに思わせる商品は最高だと思います。

私の時も婚活アプリがあったら・・今の子を羨ましく思う瞬間

女性ばかりが働いている会社にいますが、ランチの時にある若い子が婚活アプリを使って色々な男性に会っていると言っていたんです。今の職場では男性と出会うことはとても難しいので、婚活サイトやアプリと利用していると言うんですよね。

今の子って良いなと思います。私の時代なんて婚活アプリなんてなかったので私はしばらく彼氏がいませんでしたし、結婚した年齢もかなり遅いです。周りから「良い人いないの?」と何度も聞かれました。とても嫌でした。良い人見つけたくても出会いとなる場がないですから。

でも今の時代は日常生活で出会いがないなと思えば、婚活サイトやアプリなどを利用することができますよね。羨ましいです。私の時代もこんなに便利なものがあれば、周りから「まだ相手はいないの?」なんて聞かれなかったと思うし、失恋 立ち直るのも簡単だったと思うのです。

夫とは従妹の紹介で知り合いました。とても優しくて良い人です。だから今は幸せなんですけど、若い子が婚活アプリで楽に出会えることを知り、いいなぁなんて思ってしまうんですよね。

白い線が残るなんて絶対イヤ!

妊娠するまで妊娠線なんて知りませんでした。でも先輩の話を聞いてもうびっくりでした!妊娠線はまさに肉割れと一緒なんですね。赤くひび割れたと思ったら、産後は白い線が残るなんて、本当に恐ろしいかったです。ただでさえ産後のお腹の皮がブヨブヨに伸びるのに、それプラス白い線が残るなんて絶対嫌でした。

先輩から聞いたお勧めの妊娠線予防クリームを早速購入しました。値段は正直ちょっとお高めでしたが、一生残ってしまう妊娠線を予防できるのであれば全然高い買い物ではないと思いました。

初めは無料サンプルを申し込んで、お風呂あがりにお腹に塗りこみました。少量でもよく伸びて、塗り心地も良かったので、これなら使っていけるかと思って申し込みました。妊娠初期からお腹の皮をしっかり保湿して柔らかくしておいた方がいいよという先輩のアドバイスもあり、つわり真っ只中のお腹も出ていない時期から使いました。妊娠中期から徐々にお腹も出始めてきて、中期~後期にかけては自分の体重の増加も相まって、お腹がものすごいことになってしまいました。でも、初期から妊娠線予防クリームを塗っていたおかげで、赤い妊娠線も出てきませんでした。でも油断は禁物です。ネットの情報によると、”妊娠線もうできなさそう~よかった~”という出産間近に妊娠線が出てきてしまったという話も載っていたので最後の最後、陣痛が来る直前までしっかりと塗り続けました。

そのおかげかお腹には妊娠線ができずに、多少妊娠後の皮の伸びはあるものの、出産前と変わらない状態に戻ることができました。妊娠線予防クリーム、高いと思っても一生の跡が残るのを予防できると考えたら安い買い物だと思います。

妊娠線クリームを使用してみて

まずはなぜ妊娠線クリームを使用しようかと思ったかについてですが、もう既に出産を経験した友人から勧められたからです。具体的にどういうことかと言うと、その友人は妊娠線に対する対策をしっかり行わなかったために、産後も妊娠線が残ってしまったということです。しかも最悪なことに、この妊娠線は完全に消すことは難しいとのことなのです。友人が自分のようにならないためにもということで、私に対して事前に妊娠線クリームを使用して対策をしておくべきであると教えてくれたのです。

そんな妊娠線クリームを選ぶ時にこだわったこともあります。それは保湿力です。なぜかというと保湿が一番大切な要素であるからです。保湿力があれば、弾力のある肌にしてくれるため、妊娠線ができにくくなるのです。保湿というものは、フェイシャルエステなどにおいてもとても重要視されているため、色々な場面にてすごく重点的に扱われている要素なのだなあとしみじみ感じました。

私が実際に使用した商品では、保湿力を本当に大きく感じることができました。どうしてそんなに大きく保湿力を感じることができたのか気になってしまったため少し調べてみると、やはり素晴らしい成分が含まれているからでした。具体的にどういうことかと言うと、ビタミンCが浸透しやすくなるような工夫が施されていました。ビタミンCは美容の代名詞と言っても過言ではありません。またオーガニック原料が豊富であるからうるおいを実感できるとのことでした。この商品のおかげで妊娠線を予防できました。

眠れないほどの痒みからの脱却!

第一子妊娠時には普段使っているボディクリームで十分だろうと妊娠線を甘くみていました。すると妊娠後期に異常なまでもの痒さが襲ってきたのです。いわゆる乾燥によるもので、水分不足のお腹の皮膚にがっつりと妊娠線が刻まれることとなりました。時既に遅しとはまさにこのことで、その後から妊娠線クリームに変更しましたが、意味がありませんでした。

それを教訓とし、第二子妊娠時には妊娠線クリーム、オイルの口コミをインターネットで検索、研究に研究を重ねて選ぶことにしました。決める際に見ていたものはやはり効果です。最後まで妊娠線が出なかったという口コミはもちろん、第一子で出てしまった妊娠線から増えることはなかったという口コミも重要視しました。あとは保湿力。どれほどしっとり感が持続するのかということ。また、ノビの良さも気にしていました。以前使ってい妊娠線クリームは高い割にはノビが悪く、かなりの量を使用しなければいかない上にベトベト感もあったのです。そのため、ノビの良い、お腹も優しくマッサージできるものを選びました。

使ってみると、自分には最適なクリームでした。普段使いのボディクリームと兼用しているのですが、やはり妊娠線クリームの方が断然保湿力が高いです。朝つけても夜お風呂に入るまでしっかりと保湿されているのが分かります。そのため、第二子妊娠時には新たな妊娠線は出ませんでした。また、眠れないほど悩まされていた痒みも全くなく、出産に至りました。

妊娠線クリームの良さについて

私は1人目を妊娠している時に、友達から妊娠線の予防の大切さを聞きました。1人目という事もあり、妊娠線のことは特に意識していませんでした。妊娠についての雑誌を見ていても、お腹の大きな妊婦さんが使っているような広告ばかりだったので、妊娠後期から使い始めれば良いという認識でいました。そのことを友達に話していると、「妊娠線はできてからでは遅い、予防が大切」ということを言われました。

それからは、妊娠線予防に効くクリームを探すようになりました。そして、インターネットの口コミで良かったの物を購入し、毎日使うようになりました。私は、妊娠4か月から朝・昼と、お風呂上りに塗るようにしていました。私はアトピー肌で、肌全体が乾燥しています。妊娠線は、乾燥によってもできやすくなるので、保湿性の高いクリームを選ぶようにし、なるべく乾燥しないようにと心がけていました。クリームはお腹全体に塗っていましたが、お腹だけではなく、妊娠による体重増加によって太ももも肉割れしやすくなると聞いていたので、太ももにも塗るようにしていました。

妊娠後期になった頃、妊娠線が1本もないことに驚きました。これは、妊娠線予防としてクリームを塗っていたお陰だと思います。検診に行った時にも、看護師さんに、きれいなお腹だとほめられました。

妊娠線のクリームはたくさんあって迷いますが、自分の肌に合ったものを選び、1日数回こまめに塗ることをおすすめします。

妊娠線が全くできなかったクリーム

1人目の妊娠が発覚し、すぐさまコスメショップに行きました。妊娠線予防のためのクリームを購入するためです。

妊娠線予防には、それ用のクリームを使って防止するものだと、出産経験者の友達や、芸能人のブログなどでも書かれていますから、それを早速実行しに行ったのです。

そこの店員さんに聞いて、おすすめの妊娠線予防のクリームを聞きました。

おすすめされたものが、はやりのアルガンオイルをバーム化したクリームなので、かなりの保湿力を保つことができます。

まず、このアルガンバームを選んだのにはわけがあります。

もちろん、店員さんがおすすめしてくれたからというのもあるのですが、値段は4000円くらいとちょっと高いなと思いましたが、量が十分には行いっていたことが1つと、なんと、うれしいオーガニックで顔にも全身にも使えるという優れ物なのです。

敏感肌なので、オーガニックというのは助かるなと思いましたし、そんなナチュラルなクリームを求めていました。変な成分が入ったクリームを使って、おなかの赤ちゃんにもし影響があったら嫌だなと思ったので、オーガニックと聞いた時点で即決しました。

二の腕の下の脇部分から胸にかけてとお腹、そしてふとももとお尻ぶぶんに毎日お風呂に入ってからたっぷりと出産直前まで塗りました。

そして、産後、見事に1本の妊娠線もないお腹になりました。

今現在、2人目を妊娠中ですが、今回も同じクリームを塗っていて、今の所妊娠線はできていません。