眠れないほどの痒みからの脱却!

第一子妊娠時には普段使っているボディクリームで十分だろうと妊娠線を甘くみていました。すると妊娠後期に異常なまでもの痒さが襲ってきたのです。いわゆる乾燥によるもので、水分不足のお腹の皮膚にがっつりと妊娠線が刻まれることとなりました。時既に遅しとはまさにこのことで、その後から妊娠線クリームに変更しましたが、意味がありませんでした。

それを教訓とし、第二子妊娠時には妊娠線クリーム、オイルの口コミをインターネットで検索、研究に研究を重ねて選ぶことにしました。決める際に見ていたものはやはり効果です。最後まで妊娠線が出なかったという口コミはもちろん、第一子で出てしまった妊娠線から増えることはなかったという口コミも重要視しました。あとは保湿力。どれほどしっとり感が持続するのかということ。また、ノビの良さも気にしていました。以前使ってい妊娠線クリームは高い割にはノビが悪く、かなりの量を使用しなければいかない上にベトベト感もあったのです。そのため、ノビの良い、お腹も優しくマッサージできるものを選びました。

使ってみると、自分には最適なクリームでした。普段使いのボディクリームと兼用しているのですが、やはり妊娠線クリームの方が断然保湿力が高いです。朝つけても夜お風呂に入るまでしっかりと保湿されているのが分かります。そのため、第二子妊娠時には新たな妊娠線は出ませんでした。また、眠れないほど悩まされていた痒みも全くなく、出産に至りました。