妊娠線クリームの良さについて

私は1人目を妊娠している時に、友達から妊娠線の予防の大切さを聞きました。1人目という事もあり、妊娠線のことは特に意識していませんでした。妊娠についての雑誌を見ていても、お腹の大きな妊婦さんが使っているような広告ばかりだったので、妊娠後期から使い始めれば良いという認識でいました。そのことを友達に話していると、「妊娠線はできてからでは遅い、予防が大切」ということを言われました。

それからは、妊娠線予防に効くクリームを探すようになりました。そして、インターネットの口コミで良かったの物を購入し、毎日使うようになりました。私は、妊娠4か月から朝・昼と、お風呂上りに塗るようにしていました。私はアトピー肌で、肌全体が乾燥しています。妊娠線は、乾燥によってもできやすくなるので、保湿性の高いクリームを選ぶようにし、なるべく乾燥しないようにと心がけていました。クリームはお腹全体に塗っていましたが、お腹だけではなく、妊娠による体重増加によって太ももも肉割れしやすくなると聞いていたので、太ももにも塗るようにしていました。

妊娠後期になった頃、妊娠線が1本もないことに驚きました。これは、妊娠線予防としてクリームを塗っていたお陰だと思います。検診に行った時にも、看護師さんに、きれいなお腹だとほめられました。

妊娠線のクリームはたくさんあって迷いますが、自分の肌に合ったものを選び、1日数回こまめに塗ることをおすすめします。