月別アーカイブ: 2017年5月

知らない内に妊娠線クリームできちんとケアできていたお腹

私が妊娠した当初、妊娠線が実際にどういうものかよく分かっていませんでしたが、一度ついてしまうとなかなか取れないと聞いていましたし、また妊娠線クリームの存在も知っていたので、早い段階で買いに行くつもりでした。

あまりお腹のふくらみが分からない五カ月くらいの時、妊婦用の下着などを買いに、ベビー用品専門店へ行く機会があり、一緒に妊娠線クリームもチェックしましたが、そのお店ではあまり種類がなかったので、とりあえず良さそうな千円くらいのものを購入してみました。

何かの美肌成分が含まれていたのも、そのクリームを選んだポイントで、どうせ妊娠線を予防するなら、ついでに綺麗な肌になれたらラッキーだと思いました。

二人の子持ちである友人が、保湿できれば特に妊娠線クリームにこだわる必要はないと言っていましたが、私は初めての出産で何となく心配だったので、妊娠線クリームと明記されているものにしておきました。

それからは毎日お風呂上りにお腹にやさしく塗りこんでいましたが、たっぷり入っていたので、そのクリーム一本で臨月近くまでもたせることができ、残りの一カ月ほどは赤ちゃんでも使える保湿クリームを塗りました。

これで綺麗なお腹をキープできると思いきや、正中線といわれる線がお腹の真ん中に大きく通ってしまい、少しがっかりしていましたし、他の妊婦さんのお腹を直接見る機会はないので、自分のお腹が綺麗にケアできているとは思っていなかったです。

しかし、出産直前に入院した時、助産師さんに「綺麗なお腹ですね」と褒めてもらい、また出産の分娩台で陣痛に苦しんでいる時にも、ベテラン助産師さんにお腹が綺麗だと褒めてもらったので、妊娠線クリームの効果があったのだと嬉しかったです。

作りたくない妊娠線!二度目の妊娠では失敗しませんでした!

一人めの妊娠では、つわりがひどかったため、細かい身体のケアまで手が回りませんでした。

結果、大きくふくらんだお腹にできてしまった妊娠線。

出産後、たるんだ肌にぼこぼこした線がたくさん残り、見るだけで気分が下がっていました。

2人目の妊娠では、絶対妊娠線は作らないぞ!と心に決めていましたので、妊娠線予防クリームはありとあらゆるものを試してみました。

妊娠というのは自然なことのようで、やはり通常の状態ではありません。

いつも体調も変わりやすいし、クリームに関してもその時感じる匂いや手触りが常に自分にマッチするものが変わっていたのです。

つわりがないときならば、リラックス効果のある穏やかな香りのするタイプが良かったですが、あまり体調が良くない時に、香りがするものはなんとなく敬遠したくなりました。

夏の暑い時にはしっとしたタイプがべとつくようでイヤでしたし、冬場の乾燥する時期にはこってりとしたタイプがかゆみなどを抑えてくれてよかったです。

妊娠が分かった時から、まだお腹がそれほど膨らんでいない時からクリームをいろいろと使っていたので、結局出産する時までほぼ毎日ぬっていたことになります。

結果、二人目の妊娠では妊娠線が一本もできませんでした。

妊娠線ができそうになると、肌がかゆみを帯びてきます。

その時に妊娠線クリームを丁寧にそのかゆみの部分に塗りこんでいきます。

できれば朝と夕の2回が効果的だと思います。

たくさんの種類のクリームがあって迷いますが、基本的にどれも身体に悪い物は含まれていませんので、その時の季節、気分、体調によって使い分けるととても効果があって、妊娠線とは無縁でいられると思います。