月別アーカイブ: 2017年8月

私の時も婚活アプリがあったら・・今の子を羨ましく思う瞬間

女性ばかりが働いている会社にいますが、ランチの時にある若い子が婚活アプリを使って色々な男性に会っていると言っていたんです。今の職場では男性と出会うことはとても難しいので、婚活サイトやアプリと利用していると言うんですよね。

今の子って良いなと思います。私の時代なんて婚活アプリなんてなかったので私はしばらく彼氏がいませんでしたし、結婚した年齢もかなり遅いです。周りから「良い人いないの?」と何度も聞かれました。とても嫌でした。良い人見つけたくても出会いとなる場がないですから。

でも今の時代は日常生活で出会いがないなと思えば、婚活サイトやアプリなどを利用することができますよね。羨ましいです。私の時代もこんなに便利なものがあれば、周りから「まだ相手はいないの?」なんて聞かれなかったと思うし、失恋 立ち直るのも簡単だったと思うのです。

夫とは従妹の紹介で知り合いました。とても優しくて良い人です。だから今は幸せなんですけど、若い子が婚活アプリで楽に出会えることを知り、いいなぁなんて思ってしまうんですよね。

白い線が残るなんて絶対イヤ!

妊娠するまで妊娠線なんて知りませんでした。でも先輩の話を聞いてもうびっくりでした!妊娠線はまさに肉割れと一緒なんですね。赤くひび割れたと思ったら、産後は白い線が残るなんて、本当に恐ろしいかったです。ただでさえ産後のお腹の皮がブヨブヨに伸びるのに、それプラス白い線が残るなんて絶対嫌でした。

先輩から聞いたお勧めの妊娠線予防クリームを早速購入しました。値段は正直ちょっとお高めでしたが、一生残ってしまう妊娠線を予防できるのであれば全然高い買い物ではないと思いました。

初めは無料サンプルを申し込んで、お風呂あがりにお腹に塗りこみました。少量でもよく伸びて、塗り心地も良かったので、これなら使っていけるかと思って申し込みました。妊娠初期からお腹の皮をしっかり保湿して柔らかくしておいた方がいいよという先輩のアドバイスもあり、つわり真っ只中のお腹も出ていない時期から使いました。妊娠中期から徐々にお腹も出始めてきて、中期~後期にかけては自分の体重の増加も相まって、お腹がものすごいことになってしまいました。でも、初期から妊娠線予防クリームを塗っていたおかげで、赤い妊娠線も出てきませんでした。でも油断は禁物です。ネットの情報によると、”妊娠線もうできなさそう~よかった~”という出産間近に妊娠線が出てきてしまったという話も載っていたので最後の最後、陣痛が来る直前までしっかりと塗り続けました。

そのおかげかお腹には妊娠線ができずに、多少妊娠後の皮の伸びはあるものの、出産前と変わらない状態に戻ることができました。妊娠線予防クリーム、高いと思っても一生の跡が残るのを予防できると考えたら安い買い物だと思います。

妊娠線クリームを使用してみて

まずはなぜ妊娠線クリームを使用しようかと思ったかについてですが、もう既に出産を経験した友人から勧められたからです。具体的にどういうことかと言うと、その友人は妊娠線に対する対策をしっかり行わなかったために、産後も妊娠線が残ってしまったということです。しかも最悪なことに、この妊娠線は完全に消すことは難しいとのことなのです。友人が自分のようにならないためにもということで、私に対して事前に妊娠線クリームを使用して対策をしておくべきであると教えてくれたのです。

そんな妊娠線クリームを選ぶ時にこだわったこともあります。それは保湿力です。なぜかというと保湿が一番大切な要素であるからです。保湿力があれば、弾力のある肌にしてくれるため、妊娠線ができにくくなるのです。保湿というものは、フェイシャルエステなどにおいてもとても重要視されているため、色々な場面にてすごく重点的に扱われている要素なのだなあとしみじみ感じました。

私が実際に使用した商品では、保湿力を本当に大きく感じることができました。どうしてそんなに大きく保湿力を感じることができたのか気になってしまったため少し調べてみると、やはり素晴らしい成分が含まれているからでした。具体的にどういうことかと言うと、ビタミンCが浸透しやすくなるような工夫が施されていました。ビタミンCは美容の代名詞と言っても過言ではありません。またオーガニック原料が豊富であるからうるおいを実感できるとのことでした。この商品のおかげで妊娠線を予防できました。

眠れないほどの痒みからの脱却!

第一子妊娠時には普段使っているボディクリームで十分だろうと妊娠線を甘くみていました。すると妊娠後期に異常なまでもの痒さが襲ってきたのです。いわゆる乾燥によるもので、水分不足のお腹の皮膚にがっつりと妊娠線が刻まれることとなりました。時既に遅しとはまさにこのことで、その後から妊娠線クリームに変更しましたが、意味がありませんでした。

それを教訓とし、第二子妊娠時には妊娠線クリーム、オイルの口コミをインターネットで検索、研究に研究を重ねて選ぶことにしました。決める際に見ていたものはやはり効果です。最後まで妊娠線が出なかったという口コミはもちろん、第一子で出てしまった妊娠線から増えることはなかったという口コミも重要視しました。あとは保湿力。どれほどしっとり感が持続するのかということ。また、ノビの良さも気にしていました。以前使ってい妊娠線クリームは高い割にはノビが悪く、かなりの量を使用しなければいかない上にベトベト感もあったのです。そのため、ノビの良い、お腹も優しくマッサージできるものを選びました。

使ってみると、自分には最適なクリームでした。普段使いのボディクリームと兼用しているのですが、やはり妊娠線クリームの方が断然保湿力が高いです。朝つけても夜お風呂に入るまでしっかりと保湿されているのが分かります。そのため、第二子妊娠時には新たな妊娠線は出ませんでした。また、眠れないほど悩まされていた痒みも全くなく、出産に至りました。